赤ちゃんの便秘を防ぐコツ|食物繊維が豊富な食べ物を与えよう

お母さんと幼児

紫外線対策の必需品

赤ちゃん

デリケートな肌を守る

赤ちゃんの肌は、大人の肌と違って非常にデリケートです。ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしてしまう可能性が強いため、対策を行っていかなければいけません。その対策の1つに日焼け止めがあり、外出時は紫外線から肌を守っていく必要があります。紫外線は、大人であっても肌によくないと言われています。それが赤ちゃんの肌となると更に刺激が強くなり、肌のトラブルを起こしやすくなります。そのため、日焼け止めの使用は欠かせないのです。赤ちゃんと一緒に屋外へ出なければいけないとき、紫外線が気になっても日焼け止めを使用していれば安心です。これならレジャーも親と一緒に楽しめることができ、安全に赤ちゃんを連れて外へ出かけられます。赤ちゃんにも使える専用の日焼け止めはたくさん販売されているため、気軽に購入ができます。

賢い選び方

赤ちゃん専用の日焼け止めは、人工的な成分を極力含まないようにされてあります。赤ちゃんの肌はとても敏感なので、人工的な成分が肌に負担となってしまうこともあるのです。そのため、日焼け止めであれば何でもいいというわけにはいかなくなります。赤ちゃんにも安心して使える専用の日焼け止めであれば、優しい天然の成分が刺激を少なくしてくれます。できるだけそういった成分にこだわるようにすれば、負担もより軽減できます。そして、日焼け止めは塗りやすく落としやすいものを選ぶようにしましょう。塗りにくいとムラになってしまう可能性があるので、日焼け止めの効果も薄れてしまいます。それに加えてしっかりと落とせるものであれば、肌をゴシゴシこする必要もないので心配もいりません。また、海やプールなど紫外線が特に強く当たる場所にいくときは、SPFが高い日焼け止めを使っていくといいでしょう。